当サイトの目的

3

普段、住宅ローンのセミナーや、ご相談を受けているとき、私はとても幸せな気分になります。それは、マイホームという夢を実現するために、家族の心が1つになっていることを感じるからです。

最近は低金利が続く中、「今がお得!」や「今がチャンス!」という言葉があふれていました。もちろん私も、「お得!」を否定するつもりはありません。しかし、だからと言って、誰もが今家を買った方がお得なのでしょうか?

当サイトでは、チラシや周りの人の話に惑わされず、自分自身のライフプランからきちんと資金計画が立てられるようになること、そのうえで、自分に最適な住宅口-ンを選ぶ目を持っていただくことを目的としています。

住宅専門FP

[参考サイト] 住宅ローン借り換え比較サイト http://karikaeloan.jp/
[参考サイト] 住宅ローン金利比較サイト http://housingkinri.com/
[参考サイト] 住宅ローン金利ランキング http://www.jl.jpn.org/

Categories: 未分類 | Leave a comment

変動金利vs固定金利またはミックスプラン

変動金利でローンを組むことを検討するなら、そのリスクは十分に理解しておきましょう。

変動金利は当初の金利が低いため、チラシや住宅販売会社が返済額のシミュレーションに使いがちな金利です。

チラシを見て「こんな返済額でマイホームが買えるんだ!」と思ってしまうのは、そのせいかもしれませんね。

しかし、変動金利は経済情勢の変化とともに金利が変わりますから、金利が上昇したら返済額が増えてしまいます。

3000万円を35年返済で借りた場合、金利が1%なら返済額は月々8.5万円。2%なら9.9万円。3%なら11.5万円。

しかも、もし急激な金利の上昇があると、利息さえ払えなくなることもあるのです。

それに対し固定金利は、返済期間中、ずっと返済額が一定なので安心です。けれども、金利は変動金利より高くなります。金利が高いのは、金利が上昇したときの増額分を銀行が負担してくれる安心料ということでしょう。

両方のメリットを活かせるのが、ミックスプランです。例えば3000万円のローンのうち、金利が上昇しても繰り上げ返済で対応できる1000万円を変動金利で、残り2000万円を固定金利で組む、といった借り方です。

1人で2種類のローンを組むこともできますし、夫婦や親子で、一方は金利の低さ、一方は安心と分けて借りてもよいでしょう。

ただし、ローンが2本に分かれるために諸費用が高くなること、何十年と双方のメリットを活かした上手な繰り上げ返済をしていくのは意外と手間がかかるということは頭の片隅において欲しいと思います。

ミックスプランを取り扱っている銀行としては新生銀行住信SBIネット銀行イオン銀行などが挙げられます。興味がある方はチェックしてみてください。

住宅FP

[参考サイト] 新生銀行の住宅ローン
[参考サイト] 住信SBIネット銀行の住宅ローン
[参考サイト] イオン銀行の住宅ローン

Categories: 未分類 | Leave a comment

忘れてはならない諸費用・火災保険と地震保険

資全計画を立てるとき、絶対忘れてはいけないのが住宅価格以外にかかる諸費用です。

購入する物件によってかかる諸費用は違いますが、引越しなども考えると、新築住宅の購入で5~7%程度、中古住宅なら8~10%程度準備すると安心です。

また、最後に忘れがちなのが、火災保険と地震保険です。今は、ローンを組んだとき、金融機関指定の火災保険を付けなくてはいけないということは、特別な場合を除いてはありません。

様々な保険会社の商品を選ぶことができますので、早めに数礼から見積もりを取っておきましょう。

住宅FP

Categories: 未分類 | Leave a comment

結局いくら借りられますか?

借りられる額と返せる額は違います。あなたは、今の家計から教育費や老後資金を貯めながら、毎月いくらの返済ができるでしょう?

返せる額と返せる期間から逆算して借りられる額を計算しましょう。

返済は収入の25%以内に、という話をよく聞きます。でも、誰もがか25%以内なら無理なく返済できるわけではありません。

家族構成や家族年齢、ライフスタイルによって、今後、住居費にかけられるお金は一人ひとり違うはずです。

ローン完済までの収入は全部でいくらでしょうか?それに対する支出の総額は?老後のスタートまでにいくら貯めればいい?

ローン返済期間中の収入の合計-(教育費を含む支出の合計+完済までに貯める老後資金)=ローンの返済額です。

自分自身でそんな計算ができるようになってください。

住宅FP 

Categories: 未分類 | Leave a comment